Mic mind

企業理念

「自他幸福」

人の幸せを自分の幸せのように喜べる人であること

​グランドデザイン

「人生に輝きをもたらす応援団」

MISSON

あなたに会えてよかったと言われる人になること

そのために自分自身も輝き続けること

人生を豊かに変える、話し方をあなたへ。

たとえば、とても美味しいリンゴがひとつ、あったとします。

 

それを誰かに購入してもらいたい時、

購入するほどの価値があるリンゴであることを、

あなたは伝えられますか?

 

リンゴを売る、というビジネスを成立させるためには、

そのリンゴの素晴らしい味わいを表現する話し方、

どんな栄養素を含んでいるのかを論理的に説明する話し方、

リンゴの魅力を多彩なキリクチで展開する話し方が必要です。

また、リンゴは相手の朝ごはん用なのか、プレゼントとして用意したいのかなど、

 

それらがきちんとできても、聞き取りにくい小さな声では自信がないように伝わります。

相手から耳を傾けてもらえる声の大きさ、抑揚の付け方なども含めた

究極の『話し方のスキル』を身につける。

そうすれば、リンゴが売れる確率はどんどん上昇していくものなのです。

 

しかし、リンゴが売れて「また、買いたい。このリンゴのことを誰かに紹介したいという想いにつながるのは、りんごを売る人の人間力なのではないでしょうか?」

 

トレーニングを重ねて、

自分の言葉と声でしっかりと伝える『話し方のスキル』を身につけること。

それは、人間としての精神的な自立、経済的な自立につながるのではないでしょうか?

話し方を変えることで、自分の強みをより発揮し、自信が持てるようになり、

自らが望んだ場所で、自分らしく輝けるようになるのです。

 

話し方を通して、この世界にひとりでも多く輝ける人を増やしていく。

それが、私たち、日本話し方トレーニング協会のミッションです。

圧倒的に伝える力を身につけていきます。

相手のニーズをくまなく汲み取り、

的確に対応して伝えること。

 

メッセージ

私が変われたら、あなたも変われる

​話し方を鍛えることで、夢をかなえましょう。

人生100年時代。いくつになっても現役で仕事に取り組め、

性別や国を超えて、のびやかに活躍するためには、

AIにも負けない、人間だけが持つ能力「話し方」のトレーニングが必要である。

司会業をはじめとする「話し方」に関わる仕事へ30年以上携わってきた私は、

今、あらためてそう感じています。

 

20代前半の私は、様々なことを頭で考えてはいるものの、発信が苦手な人でした。

それが、話し方のトレーニングに挑戦したことで、司会業という仕事を得て、

独立後は司会業を続けながら、プロデュースやアカデミー、研修の仕事もさせていただき、

長年、多くの方々に必要とされる喜びを噛みしめることができています。

 

いちばん幸せを感じられる場所で、自分らしく生きていく。

いつしか自信もふくらんで、夢とともに大きく花開く。

そんな人生を、話し方のトレーニングを通じて、築いていきましょう。

日本話し方トレーニング協会 村田久美子

村田 久美子  プロフィール

日本話し方トレーニング協会会長。

塾講師をしていた時代に学生からイントネーションの間違いを指摘され、

半年間のトレーニングを経て、司会者になるためのオーディションを受け、合格。

同じ司会者でも、話し方の違いによって、出演料に大きな差があることを目の当たりにし、話し方の重要さを痛感する。

アナウンス学校に入学。

長年、「ライブであること」を大切にし、プライダルの司会業に励む。2006年、司会事務所オフィスミックを立ち上げ、2009年には総合プロデュース会社 株式会社ミックプロモーションを設立。

司会者の派遣、パーティプロデュースにはじまり、司会者養成、話し方教室、企業やショップでの話し方研修等も手がけ、話し方に携わって30年を超えた。

一番の幸せは、家族が幸せであること。

ベストオブミス公認スピーチトレーナー

 
 

media Blog

ブログを更新しています。

​バナーをクリックするとアメブロを開きます。

代表 村田久美子の Blog